あいばこ

ホーム > ブログ > 「あいばこ佐々木の家守り教室」でした!

「あいばこ佐々木の家守り教室」でした!

春一番が吹きました。かと思えば昨夜は粉雪。

三寒四温で少しずつ、暖かくなるこの季節。お花見シーズンが待ち遠しいです。

花粉さえなければなぁ・・・^^;

さて。

IMG_5657

昨日は「あいばこ佐々木の家守り教室&相談日」!

今回もたくさんのかたがご参加くださいました。

佐々木さんは、年間250棟以上のお宅を日々点検して回っている、メンテナンスのベテラン!経験に基づいたお手入れの工夫や心がけに、ナルホドなるほど・・・と私もメモメモ。

 

無垢の木に合う、含浸塗料というものは木の呼吸を止めず、低刺激で安全性が高いこと。木肌も美しく見えること。

水アカ・湯アカはそれぞれ酸性・アルカリ性で落とせる成分が違うこと。

お風呂のカビ対策には「栄養」を排除すること。無垢の木のお風呂の塗装ポイント、などなど。

IMG_5656

 

片付けや掃除はついつい、後回しにした挙句、一気に済ませたくなってしまいますが、

1ヶ月に1回、2ヶ月に1回、気になるところから手をかけてあげることで、

ぐっとラクに、状態よく保つことができる!

がんばりすぎず、力を抜きつつ、できる範囲でのお手入れ。ですね。

IMG_5662

 

教室の後半は、参加者の皆さんからの質問に答えていくコーナー。

さすが、無垢の木の生活をイメージしている&すでに体感している方々だからこその

「これが聞きたい!」という具体的な質問に、佐々木さんが「そうでした!言ってませんでした!」とタジタジな場面も(笑)

 

おもしろかったのは、「米ぬか」で床のお掃除はどうなの?という質問の場面。

実際に相羽の会長の家でも米ぬかを使って磨いていたそうですが、「ピカピカになった!」…という、やっただけの達成感は得にくいようで(^^;)

しかし、「もったいない」の精神で手間を惜しまず磨きあげるその心は素晴らしいなぁと感じましたし、安心の天然素材であることは間違いないですし。おもしろいですね。子どものこぼした牛乳で磨いていたら床にツヤが出た、なんて話も聞いたことがありますが、真偽のほどは如何に?

参加者の中にはオレンジの皮で磨いている方もいらっしゃいました。

重曹スプレーでお手入れされてる方には、保湿が足りないので蜜蝋ワックスのオススメ。(つるつるすべるのにはご注意を!)

油分を補って無垢の床をしっとりさせる意味では、いろいろな方法がありそうです。

 

ちなみにあいばこではこんなものを販売中。

IMG_5667

パイン材にオススメのOSMO「ウォッシュ&ケアー」や

杉材にオススメなアトリエ・ベル「蜜蝋ワックス」シリーズ。※詳しくはあいばこHP「お買い物」

 

あいばこにお立ち寄りの際に、よかったら見ていってくださいね。

Gomi^-^


このページのトップへ