あいばこ

ホーム > ブログ > サッカーのセレクション。

サッカーのセレクション。

小学6年の息子。1年生のはじめからずっとサッカーを続けています。きっかけは近くに住む幼稚園も同じの幼馴染の女の子がお兄ちゃんのいる小学校のサッカー団に入るについて行ったこと。シマムラで買った11番のなんちゃってユニフォームを着て参加したその日から6年間。

2年生になった頃、なぜかキーパーを好き好んでやるようになる。キーパーグローブを初めて買ってほぼキーパーなポジションに。その頃「なんでキーパーをやりたいの?」と聞いたことがある。息子の答えは「走らなくていいから」「…。」

そうか、そうだよね、パパの子だ、そういう方を選ぶよなと思ったあの日。それからずっとキーパー一筋。リフティングなんてできません。ドリブルなに?な6年間。

でも、4年生になった頃からキーパースクールに通いたいと三鷹の横河に通いもしました。買ったキーパーグローブはもう何代目でしょう。それなりにキーパーを目指すをやって来たのかな。それでも、試合にはひとつ下のキーパーと併用で使われるな感じのここの所。

だったけれど、つい最近、友達が通うフットサルチームのキーパーがいないからと誘われて入団してから、何かをつかんだのか、プレーに自信がついてきたように見える少し親ばかな目線。

で、知らなかったのですが中学生に上がるにあたって部活でのサッカーの選択肢以外にクラブチームでサッカーという選択肢があるのですね。ただ、入りたいチームにすぐ入れるのではなくセレクションってのがあると。もうスクールとは違うんですね。サッカー団の仲間と何チームか受けました。ですが、簡単ではないんだねのすべて不合格。落ち込む息子。初めて悔し涙を流す姿をみる。仲間は合格した子に同じく不合格にの子も。

でもまだ1月に再セレクションがあるとのことでそこを目指すと。とあるお母さんからキーパースクールに通って顔を売った方が良いとのアドバイスを受けて短期でキーパースクールに入団。

フットサルと同じ日のキーパースクール。ひとりで電車でキーパースクールに行き、そのあと、また電車に乗って遅刻してフットサルに行く。を続けていました。

サンタさんへは何を頼むとの質問に目指すクラブチームに受かるをお願いすると。うん、なんかいいよ、息子。なんとか受かんないかなーと、もやもやする日々。

そして、1月の終わりに再セレクションを受けました。しばらくして届いた封筒は前回と違うずいぶんぶ厚いもの。よかったねの無事合格。

なかなか好きなことを続けるのも大変なんですね。

51710863_298743660993478_1475317289036283904_n

はやしでした。


このページのトップへ