永く快適に暮らすための団地リフォーム

永く快適に暮らすための団地リフォーム

団地改修1000万円(東京都東久留米市H様邸/改修面積48.5㎡)

このリフォームのカテゴリー

建物別
予算帯
箇所別
永く快適に暮らすための団地リフォーム

「あたたかくシンプルな住まい」をコンセプトに、機能面の改善とワンルームの様に気軽に過ごせる回遊性のあるプランに重点をおきました。開閉がしづらくなってしまった窓サッシはカバー工法で新しく一新、床下は発砲ウレタンを吹き付けて断熱しました。足触りの良いパイン材の無垢床との相乗効果で底冷えのする1階での冬も快適になり、窓のむこうの木々から吹きぬけるさわやかな風と借景に春からは窓を開け放ちたくなる気持ちのよい空間に。団地住まいって良いねといつまでも佇んでしまいたくなります。

一人暮らしに十分なサイズ、と選ばれたコンパクトなシステムキッチン。対面する収納家具は外側だけを造作しその中に既製品を入れ込むことで予算を削減。
一人暮らしに十分なサイズ、と選ばれたコンパクトなシステムキッチン。対面する収納家具は外側だけを造作しその中に既製品を入れ込むことで予算を削減。
解体時のキッチン部分。天井や梁型はそのまま残して塗装をしてゆきます。
解体時のキッチン部分。天井や梁型はそのまま残して塗装をしてゆきます。
改修後のキッチン部分。左側空きスペースは冷蔵庫置き場、右側はあたらしく洗濯機置き場を。
改修後のキッチン部分。左側空きスペースは冷蔵庫置き場、右側はあたらしく洗濯機置き場を。

その他水まわりも見どころ満載

「年をとると脱衣所は広い方がいいの」とトイレと一室とした洗面スペースはとっても広々、明るい空間となりました。洗面所の窓サッシはレトロな雰囲気が良かったのでそのまま利用したのですが、劣化してしまった取手は修理が効かずに困っていたところ、担当の大工さんんが余った銘木を切り出して再現してくれました。

浴室も給湯器が入り広々と綺麗に、そして安全になりました。
浴室も給湯器が入り広々と綺麗に、そして安全になりました。
改修前の洗面所と、右側にのぞくのがバランス釜の浴室。
改修前の洗面所と、右側にのぞくのがバランス釜の浴室。
お掃除が大変な場合はポイントを絞って木を使うと永く心地よく過ごせるのではないかと洗面台は既製品を、その上の収納は造作を採用しました。
お掃除が大変な場合はポイントを絞って木を使うと永く心地よく過ごせるのではないかと洗面台は既製品を、その上の収納は造作を採用しました。
その他お気に入りポイント。納戸の収納は扉無しにすることで軽やかに利用できそうです。
その他お気に入りポイント。納戸の収納は扉無しにすることで軽やかに利用できそうです。
その他お気に入りポイント、その2。オリジナルのカーテンレール受け。カーテンを閉めたときにも軽やかに。
その他お気に入りポイント、その2。オリジナルのカーテンレール受け。カーテンを閉めたときにも軽やかに。